選挙の報道のあり方

2014/12/05 by SASAMOTOHisashi | 0 comments

昨日、新聞各紙は衆議院選挙の予想(調査に基づく)を一斉に報道しましたが、政策の検証とかでなく、当落予想や議席数の予想は正しい報道のあり方なのでしょうか?

当落予想はある意味一番興味がある部分だから解りますが、この選挙の意味するものを知らしめる役割もあると思います。与党の圧勝により、今後推移される考えられることや野党が抑止作用になる意味など、選挙がある意味娯楽のような位置付けになったら、後から色々ツケが回ってきそうです。アイドルの人気投票とは全くちがいます。

公権力を掌握することがどんな意味をもつか? 良く考える時が今ですね。

昨晩の党首や代表が出演した報道番組は、正直面白かったです。良い悪いでなく、メディアの使い手の橋下代表の独壇場の様相でした、勿論それが即支持率や投票行動に結びつくとは思えませんが。

未だに態度を決めていない人が大勢いると申し訳のようにいっても、あたかももう勝負があったかのごとくの報道は如何なものでしょうか?