デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科やクリニックでキレイにできる?

デリケートゾーンの黒ずみを少しでも早く、しかも確実に改善させたいのなら美容皮膚科や美容外科、クリニックなどが向いています。デリケートゾーンの黒ずみがなぜできてしまうのか、その原因とともに美容皮膚科やクリニックなどのデリケートゾーンの黒ずみ改善についてご紹介します。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治す市販品はクリームが本当にベスト?

デリケートゾーンの黒ずみにの原因を追究

デリケートゾーンの黒ずみをキレイにする前に、まずは原因の元がどこにあるのか知っておくことは大事なことです。原因を知れば生活習慣を改善することで、デリケートゾーンの黒ずみが出来にくい状況を作りあげることができます。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンには種類がふたつあります。ひとつはエストロゲン、もうひとつがプロゲステロンです。本来女性ホルモンはエストロゲンの働きが優位になり、肌のターンオーバーの働きや肌の老化を抑える働きも活発になります。

ところが女性ホルモンのバランスが乱れるとプロゲステロンの働きが優位になってしまい、肌の奥にあるメラノサイトの働きが刺激されたことにより、メラニンが過剰に分泌されます。これがデリケートゾーンの黒ずみに直結するのです。

ムダ毛の自己処理

ムダ毛のないツルツルしたお肌は女性の憧れではありますが、ムダ毛の自己処理はデリケートゾーンの黒ずみを作り出す原因のひとつと言われています。

ムダ毛の自己処理にカミソリや毛抜きを使う場合、想像以上に肌ダメージが大きいことをぜひ覚えておいてください。この肌ダメージが肌を守るためにメラニンを過剰に分泌することで、デリケートゾーンの黒ずみが作られます。

美容皮膚科や美容クリニックでムダ毛の脱毛施術を勧められているのは、ムダ毛の自己処理によるデリケートゾーンの黒ずみを防ぐことも理由のひとつです。

下着との摩擦

デリケートゾーンの黒ずみを改善するための情報収集は、毎日身に着けている下着を意識するいいきっかけになります。なぜなら、下着とデリケートゾーンの摩擦がデリケートゾーンの黒ずみを作り出す要因のひとつになっているためです。

下着との摩擦によって肌ダメージが生まれ、肌ダメージを受けたデリケートゾーンの肌の奥でメラニンが過剰生成されます。ありがたくないことにデリケートゾーンの黒ずみが作られるわけです。肌に優しい素材で作られた下着や、ヒップサイズが小さすぎず大きすぎない下着を選ぶようにしてください。これでデリケートゾーンの黒ずみができにくくなります。

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科やクリニックでの治療はこんな女性が向いている

美容皮膚科や美容外科、クリニックなどは整形手術などの治療だけを受け入れているわけではありません。デリケートゾーンの黒ずみをレーザーなどを使って治療する時代になったのです。

デリケートゾーンの黒ずみを改善したいと思っている女性の中で、もしも美容皮膚科や美容外科、クリニックによる治療が怖いと思っているのであれば、そこは安心してください。治療と言っても手術のような大掛かりなものではありません。デリケートゾーンにも安心して使える専用のレーザー機器を使って治療が行われるので安心です。もちろん国家資格を持つ医師による治療ですからますます安心でしょう。

また、脱毛施術を受けたあとにデリケートゾーンの黒ずみが気になることがあります。これはムダ毛が無くなったことでデリケートゾーンの肌があらわになり、黒ずみが目立つようになってしまったためです。

そのため、美容皮膚科や美容外科、クリニックで脱毛施術を受けた女性がそのままの流れでデリケートゾーンの黒ずみの治療を受けることも珍しくないのです。デリケートゾーンの脱毛施術のあとにデリケートゾーンの黒ずみが気になる女性にも、美容皮膚科や美容外科、クリニックなどによるデリケートゾーンの黒ずみ治療は向いています。

デリケートゾーンの黒ずみの治療にどんな皮膚科やクリニックを選んだらいいか

デリケートゾーンの黒ずみを美容皮膚科や美容外科、クリニックでキレイにするならどんなところがいいのか、選ぶ基準がいくつかあります。

女性スタッフならいつでも安心

デリケートゾーンの黒ずみ悩みはとても繊細な悩みなので、男性医師に相談するのは勇気がいります。医師もスタッフも女性であれば同じ女性同士分かりあえることもたくさんあり、デリケートゾーンの黒ずみの悩みも打ち明けやすいものです。あらかじめホームページなどで医師やスタッフが男性なのか女性なのか確認しておくといいでしょう。

カウンセリングがあるとよい

実際に治療を受ける前にカウンセリングがあると安心です。デリケートゾーンの黒ずみにどんな悩みを持っているのか、普段の肌質はどうなのかなど、あらかじめ相談に乗ってもらうことで悩みや心配事もなくなります。こちらから聞きたいことを聞いたり、先生側から治療の説明もありますので、カウンセリングのあるところを選ぶといいでしょう。

次に読まれている記事

イビサセラムProは2回目で休止・解約できる口コミも!効果・使い方も解説

イビサセラムProは、コースを申込しても2回目で休止・解約ができる口コミがありました。本当でしょうか。

一般的に単品購入ではない定期購入コースでは2回以上の継続が必須ですが、イビサセラムProでは自由に周期変更や一時停止、解約ができるようです。また、成分から効果を推測。いい口コミ、悪い口コミ評価も調べました。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治す市販品はクリームが本当にベスト?

イビサセラムProは効果なしなら2度目から解約できる

イビサセラムProの最大のメリットは、2回目以降から「いつでも周期変更、一時停止、解約、再開」ができる点です。2回目以降に解約・休止ができる口コミは嘘ではなかったようです。

イビサセラムProには、単品購入以外のコースもあります。

  • 毎月1本集中美白コース……9,800円+税(コンビニ後払い)
  • 毎月1本集中美白コース……9,300円+税(クレジットカード決済)
  • 単品購入だと14,800円+税

単品購入よりも、毎月1本集中美白コースがお得です。定期コースとは書いてありませんが、毎月1本集中美白コースは自動継続になるいわばコースの内容です。2回目以降も安く、2回目9,800円、3回目以降8,820円+税で購入できます。
自動継続のコースを申し込むと安く買えるため、長期間、デリケートゾーンの黒ずみに取り組むことを考えても、定期コースに申し込んだ方がコスパはいいです。

イビサセラムProは、イビサビューティーの商品です。このイビサビューティーのメーカーでは他にVIO黒ずみクリーム ランキングで上位のイビサクリームも販売しています。イビサクリームもイビサセラムPro同様、2回目以降、解約・休止・周期変更ができます。

極端な話、イビサクリームを注文して2回目に解約、イビサクリームをやめたら、次にイビサセラムProを注文して「のりかえ」の方法も取れるわけです。

イビサビューティーでも商品を比較しながら使用はできますが、デリケートゾーンの黒ずみ治療のためには最短でも約7ヶ月かかると考えらえています。ビキニラインの色素沈着がある場合、もっとかかります。定期コースも効果が出るまでは、ある程度続けた方がいいでしょう。

イビサビューティーでは、イビサセラムProもイビサクリームも2回目以降から一時停止も周期変更もできることから、気軽にはじめられます。

イビサセラムProは返金保証もあるため楽天市場よりも公式ショップで購入

イビサセラムProを販売するイビサビューティーでは、返金保証も設けています。そのため、楽天市場で最安値を探すよりも、公式ショップで購入をおすすめします。

返金保証の内容は、イビサセラムProを買ったはじめての人限定で、28日間は保証してくれる内容です。肌トラブルが起きた時、肌に合わなかった場合、商品注文後28日以内であれば「明細書」と「商品容器」を返送することで初回分の代金は返金されます。

ただし、送料、決済手数料、割引分は返金されません。銀行振込手数料324円、事務手数料1,080円は差し引いての返金です。それでも、敏感肌の人や化粧品によっては肌に合わないなどがあれば、もし肌に合わなかった場合に返金してくれる制度があると使い始めやすいです。

楽天市場に限らず、Amazonなど通販サイトで公式店以外が販売する場合、最安値かもしれません。しかし、保証制度がついていないことが多く、トラブル時の対応をしていません。公式ショップではない場合は、もしかしたら偽物かもしれない、古い商品を売っているかもしれないとも考えられるため、公式ショップが安心です。

イビサセラムProの正しい使い方

イビサセラムProの使い方は、イビサクリーム同様、1日2回、朝と晩に使用します。

イビサセラムProを適量とり、ビキニラインなど黒ずみが気になる部位に塗りましょう。浸透するまで待ち、浸透したら洋服を着ることができます。水のようなセラム状なので、コットンに含ませてビキニラインに置くなどコットンパックをすることもできます。

人によっては、浸透した後にイビサセラムProを重ねづけする贅沢な方法を取っている人もいました。塗る回数は1日2回が標準ですが、1日2回以上使用している口コミもあります。副作用は聞かれていないため、重ねづけ、1日2回以上の使用もできます。

デリケートゾーンの黒ずみケア、乾燥はメラニン生成につながります。丁寧に塗り込むことで保湿され、キメが整った肌に導くことができます。

イビサセラムProには美白有効成分と抗炎症成分が入っている

イビサセラムProは、美白有効成分、抗炎症成分が入っている医薬部外品です。デリケートゾーン用セラムとして開発された商品なので、薬局など市販品よりも効果を感じる人が多いです。

イビサセラムProの美白有効成分はビタミンC誘導体とアルブチン。そして、抗炎症成分はグリチルリチン酸2K。別名グリチルリチン酸ジカリウムとも呼ばれる成分です。

市販品を探しても、美白有効成分と抗炎症成分の2つが同じ製品で含まれる商品は見当たりません。デリケートゾーンのかゆみやかぶれを抑える「抗炎症成分」、できた沈着黒ずみを治療していく「美白有効成分」のダブルの力で黒ずみを治療していきます。

イビサセラムProは「ひだ」に効果なしの口コミが多い

イビサセラムProは、デリケートゾーンの黒ずみ解消に効果的と言われますが、いわゆる「ひだ」には効果はありません。ひだというのは、Iラインの大陰唇や小陰唇のビラビラのことです。

美容皮膚科や皮膚科では、ひだの黒ずみ治療にはレーザーを使います。

  • レーザートーニング
  • インティマレーザー
  • サーミバー
  • 炭酸ガスレーザー
  • 医療脱毛レーザー

それぞれのレーザー治療の料金は治療院ごとに違います。レーザートーニング、医療脱毛レーザーは1回あたり15,000円前後で安い方です。一番高いものではサーミバーで、約37万円。サーミバーの場合、黒ずみ治療のほか膣のゆるみ解消ができ、尿もれを予防する効果があります。

実は、イビサセラムProに限らず、陰部の黒ずみがひだにある場合、イビサクリームも効果がありません。イビサビューティーから発売されているイビサクリームもイビサセラムProも効果は感じられないはずです。

Iラインの黒ずみを治したい場合は、インティマレーザー、炭酸ガスレーザー、サーミバーの3種類を選ぶといいとされていて、例えば、インティマレーザーの治療法は、デリケートゾーンの黒ずみにレーザー光を照射してメラニン色素を破壊します。施術中は痛みがありますが、麻酔をするため痛みは感じにくいです。

膣の色、大陰唇や小陰唇の色が人より黒くて悩んでいるのなら、手術という手もあります。ダウンタイムがあるものの、クリームやセラムよりも短い期間で効果がある方法もあるため、悩んでいる人は皮膚科や美容皮膚科に相談してみてください。

おすすめのページ

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治す市販品はクリームが本当にベスト?

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを解消するための市販品を探すとすぐにわかるのですが、クリームがとても目につきます。
クリームにはクリームの良さがあるのでしょうが、普段のスキンケアでもクリームが苦手で使っていないのに敏感な場所に使ってしまって大丈夫なのか、ベタベタしないのかという懸念があります。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治すためにクリームを使うとベタつきを感じることがある

デリケートゾーンの黒ずみを治すためのケアアイテムであってもスキンケアアイテムであっても、クリーム状の物はベタつくことがあります。
油分が多いからです。
化粧水のように水っぽい物は水分が多く、クリームのような物は油分が多い作りになっています。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治すにはクリームを使わなければいい?

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを解消する上でベタつきが嫌だったらクリームを使わなければいい話です。
ですが、デリケートゾーンの黒ずみを解消する市販品の中にクリームではない物はあるのでしょうか?
探してみましたが、ジェルやジェルクリームがあるくらいで、化粧水に近い液体状の物は見つかりませんでした。
液体だと、デリケートゾーンの黒ずみだけに塗ろうとしても液だれしたり、粘膜のほうへ垂れてしまったりする可能性があります。
そう考えると、少なくともデリケートゾーンの黒ずみを治すことにおいては水分が多いことはメリットではありません。

デリケートゾーンの黒ずみを治すためにクリームを使うと本当にベタつくのか?

デリケートゾーンの黒ずみにクリームを使ってベタつきを感じるかどうかは個人差があります。
実はデリケートゾーンの皮膚は顔の皮膚よりも薄く、黒ずみは乾燥が原因だと言われています。
よって、顔にクリームを使うとベタつくから苦手という人でも、ひどいデリケートゾーンの黒ずみにクリームを使ってもベタつきを感じないという人もいます。
どうしてもベタつくのが嫌ならジェルクリームを使うという手もあります。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治すのにおすすめなのはクリームではあるが

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治す上でおすすめされているのはクリームです。
とはいえ、ベタベタするのが苦手なのにクリーム状の物を無理に使ってはストレスになるだけです。
ベタつきがかゆみに繋がって、かゆいせいでかいてしまって余計に黒ずむこともありえます。
ジェル状の物もあるので、本当におすすめできるのは「自分の肌質に合った物を使うこと」です。

人気の記事