デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科やクリニックでキレイにできる?

デリケートゾーンの黒ずみを少しでも早く、しかも確実に改善させたいのなら美容皮膚科や美容外科、クリニックなどが向いています。デリケートゾーンの黒ずみがなぜできてしまうのか、その原因とともに美容皮膚科やクリニックなどのデリケートゾーンの黒ずみ改善についてご紹介します。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治す市販品はクリームが本当にベスト?

デリケートゾーンの黒ずみにの原因を追究

デリケートゾーンの黒ずみをキレイにする前に、まずは原因の元がどこにあるのか知っておくことは大事なことです。原因を知れば生活習慣を改善することで、デリケートゾーンの黒ずみが出来にくい状況を作りあげることができます。

ホルモンバランスの変化

女性ホルモンには種類がふたつあります。ひとつはエストロゲン、もうひとつがプロゲステロンです。本来女性ホルモンはエストロゲンの働きが優位になり、肌のターンオーバーの働きや肌の老化を抑える働きも活発になります。

ところが女性ホルモンのバランスが乱れるとプロゲステロンの働きが優位になってしまい、肌の奥にあるメラノサイトの働きが刺激されたことにより、メラニンが過剰に分泌されます。これがデリケートゾーンの黒ずみに直結するのです。

ムダ毛の自己処理

ムダ毛のないツルツルしたお肌は女性の憧れではありますが、ムダ毛の自己処理はデリケートゾーンの黒ずみを作り出す原因のひとつと言われています。

ムダ毛の自己処理にカミソリや毛抜きを使う場合、想像以上に肌ダメージが大きいことをぜひ覚えておいてください。この肌ダメージが肌を守るためにメラニンを過剰に分泌することで、デリケートゾーンの黒ずみが作られます。

美容皮膚科や美容クリニックでムダ毛の脱毛施術を勧められているのは、ムダ毛の自己処理によるデリケートゾーンの黒ずみを防ぐことも理由のひとつです。

下着との摩擦

デリケートゾーンの黒ずみを改善するための情報収集は、毎日身に着けている下着を意識するいいきっかけになります。なぜなら、下着とデリケートゾーンの摩擦がデリケートゾーンの黒ずみを作り出す要因のひとつになっているためです。

下着との摩擦によって肌ダメージが生まれ、肌ダメージを受けたデリケートゾーンの肌の奥でメラニンが過剰生成されます。ありがたくないことにデリケートゾーンの黒ずみが作られるわけです。肌に優しい素材で作られた下着や、ヒップサイズが小さすぎず大きすぎない下着を選ぶようにしてください。これでデリケートゾーンの黒ずみができにくくなります。

デリケートゾーンの黒ずみを皮膚科やクリニックでの治療はこんな女性が向いている

美容皮膚科や美容外科、クリニックなどは整形手術などの治療だけを受け入れているわけではありません。デリケートゾーンの黒ずみをレーザーなどを使って治療する時代になったのです。

デリケートゾーンの黒ずみを改善したいと思っている女性の中で、もしも美容皮膚科や美容外科、クリニックによる治療が怖いと思っているのであれば、そこは安心してください。治療と言っても手術のような大掛かりなものではありません。デリケートゾーンにも安心して使える専用のレーザー機器を使って治療が行われるので安心です。もちろん国家資格を持つ医師による治療ですからますます安心でしょう。

また、脱毛施術を受けたあとにデリケートゾーンの黒ずみが気になることがあります。これはムダ毛が無くなったことでデリケートゾーンの肌があらわになり、黒ずみが目立つようになってしまったためです。

そのため、美容皮膚科や美容外科、クリニックで脱毛施術を受けた女性がそのままの流れでデリケートゾーンの黒ずみの治療を受けることも珍しくないのです。デリケートゾーンの脱毛施術のあとにデリケートゾーンの黒ずみが気になる女性にも、美容皮膚科や美容外科、クリニックなどによるデリケートゾーンの黒ずみ治療は向いています。

デリケートゾーンの黒ずみの治療にどんな皮膚科やクリニックを選んだらいいか

デリケートゾーンの黒ずみを美容皮膚科や美容外科、クリニックでキレイにするならどんなところがいいのか、選ぶ基準がいくつかあります。

女性スタッフならいつでも安心

デリケートゾーンの黒ずみ悩みはとても繊細な悩みなので、男性医師に相談するのは勇気がいります。医師もスタッフも女性であれば同じ女性同士分かりあえることもたくさんあり、デリケートゾーンの黒ずみの悩みも打ち明けやすいものです。あらかじめホームページなどで医師やスタッフが男性なのか女性なのか確認しておくといいでしょう。

カウンセリングがあるとよい

実際に治療を受ける前にカウンセリングがあると安心です。デリケートゾーンの黒ずみにどんな悩みを持っているのか、普段の肌質はどうなのかなど、あらかじめ相談に乗ってもらうことで悩みや心配事もなくなります。こちらから聞きたいことを聞いたり、先生側から治療の説明もありますので、カウンセリングのあるところを選ぶといいでしょう。

次に読まれている記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA