ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治す市販品はクリームが本当にベスト?

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを解消するための市販品を探すとすぐにわかるのですが、クリームがとても目につきます。
クリームにはクリームの良さがあるのでしょうが、普段のスキンケアでもクリームが苦手で使っていないのに敏感な場所に使ってしまって大丈夫なのか、ベタベタしないのかという懸念があります。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治すためにクリームを使うとベタつきを感じることがある

デリケートゾーンの黒ずみを治すためのケアアイテムであってもスキンケアアイテムであっても、クリーム状の物はベタつくことがあります。
油分が多いからです。
化粧水のように水っぽい物は水分が多く、クリームのような物は油分が多い作りになっています。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治すにはクリームを使わなければいい?

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを解消する上でベタつきが嫌だったらクリームを使わなければいい話です。
ですが、デリケートゾーンの黒ずみを解消する市販品の中にクリームではない物はあるのでしょうか?
探してみましたが、ジェルやジェルクリームがあるくらいで、化粧水に近い液体状の物は見つかりませんでした。
液体だと、デリケートゾーンの黒ずみだけに塗ろうとしても液だれしたり、粘膜のほうへ垂れてしまったりする可能性があります。
そう考えると、少なくともデリケートゾーンの黒ずみを治すことにおいては水分が多いことはメリットではありません。

デリケートゾーンの黒ずみを治すためにクリームを使うと本当にベタつくのか?

デリケートゾーンの黒ずみにクリームを使ってベタつきを感じるかどうかは個人差があります。
実はデリケートゾーンの皮膚は顔の皮膚よりも薄く、黒ずみは乾燥が原因だと言われています。
よって、顔にクリームを使うとベタつくから苦手という人でも、ひどいデリケートゾーンの黒ずみにクリームを使ってもベタつきを感じないという人もいます。
どうしてもベタつくのが嫌ならジェルクリームを使うという手もあります。

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治すのにおすすめなのはクリームではあるが

ひどいデリケートゾーンの黒ずみを治す上でおすすめされているのはクリームです。
とはいえ、ベタベタするのが苦手なのにクリーム状の物を無理に使ってはストレスになるだけです。
ベタつきがかゆみに繋がって、かゆいせいでかいてしまって余計に黒ずむこともありえます。
ジェル状の物もあるので、本当におすすめできるのは「自分の肌質に合った物を使うこと」です。

人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA